1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 今年の花粉症はいつから? 2018年のいろいろな花粉症の時期を紹介します!
スポンサードリンク

今年の花粉症はいつから? 2018年のいろいろな花粉症の時期を紹介します!

ライフスタイル
この記事は約 3 分で読めます。

「くしゃみ」、「鼻水」、「目のかゆみ」と聞くとどんな病気を思い浮かべますか? 一番多くイメージするのが、「花粉症」ではないでしょうか。

私は花粉症ではないからと思っていても、突然花粉症になることもあります。誰にでも起こり得る病気です。

花粉症はスギやヒノキが原因とはよく聞きますよね。でも、他にも花粉症の原因になる植物があるのをご存知でしょうか。そして、花粉は一年中飛んでいるんです。春の時期だけが花粉症の症状が出る時期ではありません。

今回は、いろんな花粉症の時期をわかりやすくエリア別で分けてまとめてみました。

スポンサードリンク

北海道では

・スギ 3月〜5月頃
・ハンノキ属 3月〜5月頃
・ヒノキ科 4月〜6月頃
・シラカンバ属4月〜5月頃
・イネ科 5月〜9月頃(6月が特に多い)
・ヨモギ属8月〜9月頃

東北地方では

・スギ 1月〜6月頃(2月〜4月頃が特に多い)
・ハンノキ属 1月〜6月頃
・ヒノキ科 3月〜5月頃(3月は下旬頃〜月上旬頃が特に多い)
・シラカンバ属3月〜6月頃(5月下旬が特に多い)
・イネ科 3月〜10月、12月頃(5月、6月ごろが特に多い)
・ヨモギ属8月〜10月頃(9月頃が特に多い)

関東地方では

・スギ 1月〜7月頃、9月〜12月頃(2月〜6月上旬頃が特に多い)
・ハンノキ属 1月〜5月頃(3月、4月頃が多い)
・ヒノキ科 1月〜7月頃(2月、5月頃が多く、3月、4月が特に多い)
・イネ科 2月〜12月頃(4月、5月下旬、6月上旬、下旬頃が多く、4月、5月中頃が特に多い)
・ヨモギ属7月〜11月頃(8月が多く、9月中旬頃が特に多い)

東海地方では

・スギ 1月〜5月頃、8月〜12月頃(2月中旬、3月下旬〜4月中旬後ろまでが多く、2月下旬〜3月中頃までが特に多い)
・ハンノキ属 1月〜4月頃
・ヒノキ科 3月〜5月頃(3月多く、4月が特に多い)
・イネ科 2月〜10月頃
・ヨモギ属8月〜10月頃

関西地方では

・スギ 1月〜5月頃、10月〜12月頃(2月、4月が多く、3月が特に多い)
・ハンノキ属 1月〜4月頃、5月〜6月頃(3月中頃が多い)
・ヒノキ科 1月〜5月頃(3月中旬〜4月にかけて、4月下旬が多く、4月〜中頃までが特に多い)
・イネ科 1月〜11月頃(4月下旬〜5月、8月上旬〜9月上旬、10月上旬頃が多い)
・ヨモギ属8月〜11月頃(9月上旬〜10月上旬頃が多い)

九州地方では

・スギ 1月〜7月頃、9月〜12月頃(2月上旬、3月下旬〜4月中旬頃までが多く、2月上旬〜3月下旬までが特に多い)
・ハンノキ属 1月〜5月頃
・ヒノキ科 3月〜5月頃(4月中頃が多く、3月上旬から4月まで頃が特に多い)
・イネ科 2月〜12月頃(4月上旬〜6月下旬頃まで、8月下旬〜9月上旬、10月上旬が多い)
・ヨモギ属8月〜11月頃(9月の下旬が多い)

さいごに

いかがでしたか? 花粉は1年中飛んでいるのがよくわかりますね。そして、住んでいる地域でも全然違うことがわかりました。

花粉症の症状は一人一人違います。今年の花粉の情報を知っておけば、予防することもできますので、早め早めの対策で、花粉症がひどくなる時期を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

モテ女子量産委員会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ女子量産委員会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

女子モテ編集部

女子モテ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 食べ過ぎてしまう癖をやめたい!食べ過ぎる4個の原因を対策しよう!

  • 脇の臭いが気になる!2個の原因を対策して予防しよう!

  • いちご鼻って治らない?3個の原因と対策方法を知っておこう!

  • 歯の黄ばみの原因ってなに?気をつけるべき5種類の食べ物

関連記事

  • 貯金するコツってある?低収入でもコツコツ貯めるための5個のポイント

  • 免疫力を高める方法は? 4つの食事のポイントで風邪を予防しよう!

  • コミュニケーションが苦手を改善したい! 克服するための4個の方法!

  • 筋トレでキレイになりたい女性は食事にも気をつけて!

  • 疲れが取れない原因は?疲れを残さないために気を付ける5個のポイント

  • 朝、起きれないを改善したい!目覚めをよくするための3個のポイント!