1. TOP
  2. 未分類
  3. 冬でも早起きする方法はある??簡単に早起きするための3個のポイント!
スポンサードリンク

冬でも早起きする方法はある??簡単に早起きするための3個のポイント!

未分類
この記事は約 3 分で読めます。

寒い冬は目が覚めても
なかなか布団から抜け出せず、
ついつい二度寝してしまうなんて
こともありますよね。

でも、そんな冬でも
ちゃんと早起きできる方法はあるんです。

ここでは早起きしたい人のために、
効果的なポイントを3つに分けて
紹介したいと思います!

1.寒さ対策

やはり寒さが朝起きられない
原因のひとつですよね。
そのため、身体を温めると
いうことがとても大切になってきます。

夜寝る前にお風呂に入る時には、
シャワーだけでなく湯船につかって
しっかり身体を温めましょう。

その際は、ぬるめのお湯に
ゆっくりつかるのがオススメです。

さらに湯船につかることのメリットとして、
リラックスしてストレス解消に
なるということがあります。

リラックスした状態で眠ることで、
質の良い睡眠をとることができます。

また、寝る時の格好も大切です。

厚手のパジャマを着たり、
首元にタオルを巻いたり、
体温を逃がさないようにしましょう。

今は各メーカーが保温インナーなどを
販売しているので、
そういったものを着用するのもオススメです。

2.睡眠時間の確保

早起きするために一番大切なのは、
やっぱり早く寝ること。

寝る時間が遅くなると、
必然的に朝起きるのが
つらくなってしまいますよね。

睡眠時間をきちんと確保しないと、
なかなか早起きを継続することはできません。

睡眠の周期が90分であることも考えて、
少なくとも6時間、
できれば7時間半は確保したいところです。

とはいえ仕事が忙しくて
なかなか睡眠時間が確保できない
という人も多いでしょう。

そういう人もまずは6時間睡眠を心がけ、
慣れてきたら7時間半睡眠に
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

3.生活習慣を見直す

早起きを習慣にするためには、
少なくとも2週間は続けた方が良いでしょう。

この時に気を付けたいのは、
休日でも同じように早起きすること。
休みの日に寝坊してしまうと
早起きが習慣化されにくくなってしまいます。

さらに就寝時間が日によって違う場合も、
毎日の起床時間を同じにするのが早起きのコツ。

また、中途半端に起床時間が早いために
二度寝をしてしまう人もいます。

二度寝を防ぐためにも、
朝の準備には最低限の時間だけを
確保するようにしましょう。

そして、ただ漠然と
「早く起きなきゃ…」と考えるだけでなく、
朝いちばんにしなければいけない予定を組んだり、
約束を入れてしまうのもひとつの方法です。

ウォーキングやヨガ、読書など、
朝起きてしたいことなどを紙に書き出し、
早起きの目的を明確にしておくのもオススメです!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

モテ女子量産委員会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ女子量産委員会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

女子モテ編集部

女子モテ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 貯金するコツってある?低収入でもコツコツ貯めるための5個のポイント

  • 遠距離恋愛になったら男性はどう思う?遠距離での男性の4つの心理

  • 男性にモテる趣味ってなに?女性がやっておきたい5個の趣味

  • 顎にニキビが出来る原因を知って出来るだけ回避しよう!

関連記事

  • 【体験談】乾燥肌の対策へのインタビュー①食べ物も気にする?

  • 髪の毛のパサパサを改善したい! パサパサになる5個の原因!

  • 道重さゆみさんが髪バッサリ!超かわいくてヤバすぎる!

  • 足のむくみがツラい!対策方法を知ってむくみ対策しよう!

  • コラーゲンって肌に効果ある?知っておきたい4個のコラーゲンの特徴!

  • 顔が乾燥して”かゆみ”が…。顔が赤いと恥ずかしくなっちゃうよね。