1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 寒いと眠いのはなんで?2つの理由を知って対策しよう!
スポンサードリンク

寒いと眠いのはなんで?2つの理由を知って対策しよう!

 2017/12/06 ライフスタイル
この記事は約 3 分で読めます。

寒い冬の季節。

こたつに入ってテレビを見たり、
ぼーっとしたりすると
何だが眠くなってきた…、
と感じる人も多いのではないでしょうか。

勉強しなくてはいけない時、
仕事をしなくてはいけない時など困りますよね。

この眠気、暑い夏の時期よりも
寒い冬の季節の方が強く感じませんか?

そこで、今回は寒さと
眠気の関係について調べてみました。

スポンサードリンク

眠くなるには原因があった

原因は2つ考えられます。

副交感神経の作用が原因

副交感神経の働きが
活発になると眠くなるなります。

通常寒い場所にいると、
身体が寒さに反応し血圧を上げようとし、
交感神経が活発になります。

交感神経が活発になると体が緊張状態になり、
血圧の上昇や心拍数の上昇などが起こり
眠気を感じないと言われています。

逆に副交感神経が活発な状態では
心も身体がリラックス状態になり、
眠くなります。

この状態を冬の過ごし方で考えてみます。

寒い外にいる時 → 交感神経が働く
寒いところから暖かい部屋へ入る → 副交感神経が働く

このように、
寒いところから暖かい部屋に入ると
副交感神経が急激に活発になり、
眠気を強く感じるようになります。

この働きが眠気の原因になっているようです。

冬季うつ病

もう一つ考えられるのが、
「冬季うつ秒」という病気です。

この病気になると、イライラしたり、
気持ちが沈んだりする心の症状だけではなく、
何時間寝ても寝たりないぐらいの
眠気を感じると言われています。

その他に、肩こりや体重増加などの
身体の変調もあります。

眠気だけではなく、
その他にも身体の不調がある人は
もしかすると冬季うつ病と
いうことが考えられます。

対策方法は?

それではそれぞれの場合の対策方法をご紹介します。

副交感神経が原因の場合

副交感神経の働きが原因の場合、
身体がリラックス状態にあるために
眠くなってしまいます。

眠気を感じたならば、
ストレッチをしたりして
少し身体を動かしてみましょう。

また、自律神経の乱れると、
副交感神経が過敏に
働いてしまうことがあります。

寒いからと
屋内にこもった生活をしないで、
外に出るようにしましょう。

冬季うつ病

冬季うつ病の原因は
「セロトニン不足」と言われています。

セロトニンの分泌を
促すには日光浴が一番です。
日頃から太陽の光を浴びるような
生活を心がけましょう。

その他にも、
朝から暖かいシャワーを浴びる、
適度な運動をすることで
冬季うつ病が軽減されます。

まとめ

寒い冬の時期、
暖かい部屋で過ごしてばかりいると、
自律神経が乱れたり、
セロトニン不足になって
身体を崩してしまうことがあります。

寒いからと冬眠生活のような過ごし方はやめて、
寒いからこそアクディブに
活動してみてはいかがでしょうか。

明るく楽しい、充実した毎日が
待っているかもしれませんよ。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

モテ女子量産委員会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ女子量産委員会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

女子モテ編集部

女子モテ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 貯金するコツってある?低収入でもコツコツ貯めるための5個のポイント

  • 遠距離恋愛になったら男性はどう思う?遠距離での男性の4つの心理

  • 男性にモテる趣味ってなに?女性がやっておきたい5個の趣味

  • 顎にニキビが出来る原因を知って出来るだけ回避しよう!

関連記事

  • 疲れが取れない原因は?疲れを残さないために気を付ける5個のポイント

  • コミュニケーションが苦手を改善したい! 克服するための4個の方法!

  • 貯金するコツってある?低収入でもコツコツ貯めるための5個のポイント

  • 筋トレでキレイになりたい女性は食事にも気をつけて!

  • 口臭の原因はたくさんある!女性にもある口臭の悩み

  • お金がないときの対処法は?お金がない時の過ごし方6個のポイント!